FC2ブログ

プロフィール

real deal

Author:real deal
私のおバカなブログへ
ようこそ!
後悔すること請け合いです!!

趣味:    株取引
保有資格: 宅地建物取引士 
        日商簿記2級


最近の記事


最近のコメント


カテゴリ


月別アーカイブ


おバカ恋愛話 ②

もちろん、その代わりというわけではなかったが、その古風な女の子と話す機会が増えていくにつれ、だんだんと彼女のやわらかな雰囲気に引き込まれ、「眠れない夜」も出始めるまでになった。私はまたもや告白するチャンスをうかがっていたのだが、なかなか言い出せないまま無為に日々は過ぎていき、ときは2月14日。私は運よく、その子からチョコをもらった。本気なのか義理なのか分からなかったが、正直うれしかった。が、どういう訳か、まったく眼中になかったもう一人の女の子(自称モテ女19歳)からもチョコをもらった。こちらは義理ではないのは明白だった。20cm四方の茶色の箱にチロルやら傘の形をしたチョコやらがびっしり、その中から『愛の詩集』なるものが姿を現したのだから。私はなぜか無性に腹が立った。その後、仕事を終えると悶々としたまま帰宅。すると、私の帰りを待っていたかのように10分もしないうちに先方から電話が入った。結果を聞きたいという。しかも、YesかNoかで。私は、そんな急に言われても困る、明日答えるからといって電話を切った。その日は別な意味で「眠れない夜」になった。

おバカ恋愛話 ①

12年前、私は地元のとあるデパートで正社員として働いていた。そこでは、直営店2店を担当していたが、社員だけでは足りなかったので、学生アルバイトやパートさんを採用してなんとか仕事をこなしていた。その子は当時20歳の学生だったが、まじめでおとなしく、古風な感じの女の子だった。仕事はもちろん接客なのだが、初心者とは思えないほど、お客様に丁寧で、且つ、心のこもった態度で接してくれていた。私は初めの頃は別になんとも思ってはおらず、他のミッキーマウスを愛するとびっきり可愛い女の子(その子も確か20歳)を狙っていた。ところが、理由は何か分からないが、入って1ヶ月ちょっとだったが、突然辞めると言い出した。私は「やばい」と思い、急遽、送別会なるものを企画し、そこで告白しようと考えた(普通、短期の人の送別会はやらない)。しかし、肝心の本人はかなり気まずかったのか、どうしても「結構です、結構です」と言って参加してもらえなかった。あえなく、告白するチャンスは消え失せた。

ウィークリー Oさん !

あまりOさんのことは書いちゃーいかん、書いてはならぬと自制しようとしていたのだが、一日の1/3はOさんの半径10メートル以内にいる私が、日々、次々とさらけ出される彼のおもろい様子をどうして書かずにいられようか。私の良心はしばらく箱の中にしまっておいて、あっさりとOさんの話題を再開する移り気な私。そんな私は黄色がとても好きである。しかし、好きだからといって、黄色の服を、しかも無地のまま着る気にはどうしてもならない。ところが、その無地の黄色をあっさりと誰にはばかることなく身に付けてしまう人がいる。そう、Oさんである。私は当然のごとく、『Oさん、無地の黄色はやばいよ! 黄色の無地は似合わないよ、Oさん!』と心の中で何度も訴えるわけだが、その思いはOさんにはまったく通じる気配がない。仕事が終わり、更衣室をそそくさと後にするその黄色の無地のジャンパーを遠い目で見つめる日々はあと何日続くのだろうか。

「楽勝っすよ !」

はっきり言って、私がやってる仕事は肉体労働である。確かにしんどいことはしんどい。しかし、何年もやってると任される部分もかなり多くなリ、今となっては、1つの生産ラインを私一人でこなすまでになっている。それがやりがいに繋がるのではあるが、最近の傾向として、20代前半の若い連中のみならず、50前後のおっさんまで実にあっさりと辞めてしまう人が多い。先月入った人が私の班だけで3人いるのだが、そのうち2人はもういない。リーダーもなかなか生産の計画が立てづらいのは想像に難くない。辞めた2人のうち1人は40台半ばの人で、かつて、生産の仕事を20年以上社員としてやっていたようだが、その人ですら続かない。もう1人は25歳の若者だが、つい先日まで「どうだい、大分慣れたみたいじゃん」という私の優しい言葉に、「楽勝っすよ !」と答えたばかりなのだが、なぜか、次の日にはもう仕事に来なくなった。あの「楽勝っすよ ! 」という言葉は「簡単に辞めるっすよ !」ということだったのだろうか ?

Oさんのあくび !

はじめはきつかった夜勤も、さすがに何年も経験してきた今となっては、さほど苦にならなくなってきた。ところが、何ヶ月も経験していても慣れない人も中にはいる。そう、Oさんである。夜勤の休憩時間は昼休みを除いて午前と午後各々15分もらえる。これが結構休めるもので、私はタバコすぱすぱ、コーヒーぐびぐびとなるわけだが、Oさんはタバコもやらなければコーヒーも飲まない。じゃあ、何をするか。あくびである。大あくびである。両腕を左右に大きく広げ、思いっきり体をのけ反らし、まぶたをきつく閉ざして大あくびするのだ。これぞ日本のあくびといった感じのダイナミックなあくびである。しかも、その回数がすごい。15分の間に7、8回はする。Oさんの真正面に座っている私は、その日本のあくびをジーと見つめながら『体、大丈夫かしらん…』とマジで心配してしまう。目を斜め前に向けると、缶コーヒーを三々九度で飲む男Mがニヤニヤしながらこっちを見ている。もう訳が分からなくなる。

おバカな私のおバカな親父 !

3年前に65歳で亡くなった親父はとにかく酒が好きだった。大工という仕事柄、仲間に鍛えられたこともあったろうし、自営ということもあっただろう、一日中酒の匂いのする親父だった。ある日の夕食、親父は当たり前のように、ビール大瓶2本と日本酒5合ぐらい飲んだところで私に何か質問してきた。小学校低学年の私は幼いながらも、へべれけに酔っ払った親父が大嫌いだったし、特にその日は学校で嫌なことがあったのかもしれない、シカトしたまま黙々とご飯を食べていた。すると、「何がそんなに気に食わないんだ !」と親父が急に怒り出した。お袋が、「お父さんがそんなに酔っ払っているからよ !」と言っても酒が入った親父の怒りは収まらない。「そんなに気に食わないなら、その水を俺の顔にかけてみろ !」とわめく親父。そんなこと言っても、親父の怖さを知っている私はただただ下を向いて黙ってるしかない。ところが、その日の親父は特にしつこかった。「ほれっ、かけてみろ。ほれっ ! ほれっ ! !」さすがにかっとなってきた私は、お言葉に甘えてホントに親父の顔めがけてコップの水をぶっかけてやった。すると親父、「オマエ、ホントにぶっかけやがったな、コノヤロー !」と言って、すかさず飲みかけの日本酒をお返しとばかりに私の顔にぶっかけた。なんとも大人気ない親父だった。

ハッとして ! GOOD

トシちゃん

つい先日のことである。私はこのGWを使って物置の片付けをしていると、奥の方から見覚えのあるラジカセとカセットテープの束を見つけた。片付けそっちのけで、そのラジカセとカセットテープを綺麗に拭いて部屋まで運び、早速何枚か再生してみた。中学時代に編集した『オフコース・マイベスト』みたいなものや、飯島真理の『愛・おぼえていますか』などが流れてくる。私は「たまらなく切ないゼ !」と感慨にひたりながら聴いていた。そのあと、私はテープの束の下の方に一段と古そうなTDKのテープを見つけた。何が入っているかまったく想像できないまま、興味津々で再生してみた。すると、突然『ガチャ』という音がした後、信じられないようなモノが私の鼓膜を震わせた。「パステルに染まったぁ~ 高原のテレフォンボックスぅ~♪」二十数年前の私がまるで天使のような声でトシちゃんの『ハッとして! Good』をアカペラで熱唱しているのである。私は一瞬にして顔がほてるのを感じながら、急いで全開だった窓を閉めると、『うひゃうひゃひゃ~』と訳の分からない言葉をつぶやきながら照れ隠しのダンスをしていた。

たき火

焚き火

私の部屋は別棟にあるが、小学校に入学したばかりの甥が来たかどうかはその騒々しい声で分かる。いつもはヒーローものになりきって4歳の弟と戦っているのだが、今回はちょっと違う。学校ではまだ教えていないだろうから、母親が教えたのだろう、季節はずれの『たき火』を熱唱していた。「かきねの かきねの まがりかど~ たきびだ たきびだ おちばたき~ あたろうか あたろうよ~ しもやけ(?) ぴいぷう ふいている~♪」どうやら一番と二番をごっちゃ混ぜにしてしまったようだ。

http://www.ocochama.net/music3p.htm

ラジオ体操第1 !

ラジオ体操

私の働いている工場では、日勤の始業前にラジオ体操なるものを行う。私は朝は苦手な方ではないが、体が起きてない感じがするので、結構真面目に体操する。周りを見渡すと、大体無難にこなしてる感じの人がほとんどで、テレビ体操のお姉さんのように綺麗に体操している人はまずいない。しかし、一人だけ例外がいる。といっても、体操が上手いという訳ではない。とにかく、その人のラジオ体操が激しいのだ。「フンッ、フンッ」と鼻から息を吐いては、腕を右に左にブルン、ブルンと振りまくり、体をのけ反らす運動のときは、「えっ、逆さ富士でも見るの?」というぐらいに体を深々と後ろに曲げる。タイミングがずれると、体をのけ反らしたその人と目が合ってしまうことがあり、プチブルーが入るときもある。何気ない朝のひとコマである。

暴走族の兄ちゃん !

なめ猫

先日、仕事からの帰り道、大通りを車で走っていると、後ろから爆音をとどろかせた二人乗りのバイクがピタッと私の車の背後についた。そして、しばらくそのまま私の車に引っ付いていると、突然、センターライン沿いにバイクを走らせ、私の車の前方に割り込んできた。すると、後ろに乗っていた兄ちゃんがこっちを振り返り、私の顔をジーッと見ると、「なぁーんだ」みたいな顔をして爆音とともに走り去っていった。一体何だったのだろうか。可愛いおネェちゃんが運転しているとでも思ったのだろうか。確かに、私の車はパステルカラーのプリティーな車ではあるが、ガラスにスモークフィルムを貼っているわけではないので、後ろから男か女かは容易に分かるはずであるが(薄暗かったからか ?) … ちなみに、私の髪型はロングでもセミロングでもない。昔ながらのスポーツ刈りである。

OさんのTシャツ

一番

4月も中旬を迎え、工場内も蒸し暑くなってきた。そのためか、Oさんは日課のように、食堂から戻るや作業着をおもむろに脱ぎだす。そして、いやおうなしに私の目に飛び込んでくるのが、派手な原色のTシャツである。時に青、時に黄だったりする。私は心の中で、『アンタは信号機かい?Oさん!アンタは信号機なのかい??』とベタな突っ込みを入れているのだが、今日に限ってはなぜか、黒地に白の「一番!」の文字が。私はすかさず、『何が一番なんだい?Oさん!アンタのどこが一番なんだい??』とまたもやしょうもない突っ込みを入れてしまった。ホントに何が「一番!」なんだろうか?

いるわ、いるわ…

私の働いている工場では、うちの班にいるMやOさん以外にもおもろいやつがかなりいる。そのうちの一人(名前は知らない)の話。この男とは更衣室でよく顔を合わせる。年は20代前半だろうか、顔はスマップの草君をもっと白く、もっと無表情にした感じ。この男、年の割には着替えるときに発する声がオッサンそのものなのだ。ズボンを脱いで『あ゛~』、はいて『あ゛~』と最低3回は同じ言葉を繰り返す。私はこの声を背後から聞くたびにイヤーな気持ちになり顔を背けてしまうのだが、背けた先に同じ班のMの白いブリーフ(おそらくグンゼ)が目に入るともう最悪である。

「す、すみません!」 ②

「何でしょう?」とここまで熱く語ってきた先方。私は、「ここまできて言うのも申し訳ないのですが、今回はご辞退させていただきます。」と素直に断りの返事を述べた。その後は、説得されるところもあったが、やはりOKする訳にはいかない。貴殿の教育に対する崇高な理念を拝聴した以上、生半可な気持ちでお受けすることはできないとか何とか言うと(半分は本当の気持ち)、先方も納得してくれたようで、こちらの申し出をのんでくれた。パーキングにとめておいた車の中で、仕事をけったにもかかわらず、一仕事終えたかのように深い息をついて、私は缶コーヒーを一気に飲み干した。でも、よくよく考えてみると、時給2500円といっても、教える時間数に相当するだけの準備は必要なのではないか。とすると、実質1250円。しかも、8時間フルに教える訳でもない。結果オーライだが、家庭教師を断って正解だったと思った。まぁ、それくらいは連絡する前に考えとけっていう話だが。おバカのおバカたるゆえんのお粗末な出来事だった。

「す、すみません!」 ①

数年前、私は家庭教師のアルバイトをするための面接を受けた。もちろん、時給がよかったからだ(1時間2500~3000円)。履歴書を挟んで自己紹介などを済ませると、英語の穴埋め、計算問題、漢字の読み書き、そして教育に関する小論文を1時間かけてやらされた。その後、簡単な採点が済むと履歴書に変わり、書いたばかりの小論文を挟んでお互い熱く語り合った。気に入ってもらえたのか、じゃあ、お願いしますという話になった。私は英語、世界史を教えるつもりで来ていたのだが、なんと数学と理科を教えて欲しいときた。『数学と理科?!』私立文系の自分にとって数学と理科は大の苦手。苦手どころではない。赤点街道まっしぐらでここまできた人間だ。募集は、たしか5科目中好きな科目を選べるはずだったが…?話によると、世界史はみんな一人で勉強する(まぁ、そうですわな)、英語は今は足りている(もぅ、いけずぅ~)そうで、数学と理科を教える人が欲しかったらしい。私はとっさに考えた。『断らねば…』しかし、なかなかうまく切り出せない。そんな私に先方は、「こちらを使ってもらって…。大丈夫ですよ、○○さんなら。簡単ですし。」などと言って、2、300ページ位ある参考書を数冊机の上にドサッと置いた。それからの説明はうわの空。体中から変な汗がジワーとにじみ出てくる。その後も熱く語り続ける先方に、私はたまらず、「す、す、す、す、すみません!」と激しくどもりながらその言葉をさえぎった。 【続いちゃうゼ!】

Oさんの好物

昨日の朝で夜勤週が終わった。夜勤は食堂が開いていないため、全員が弁当持参ということになる。私はいつも弁当持参であるが、Oさんの夜勤時はコンビニ弁当かカップラーメンである。そして、欠かさず持ってくるものがある。バナナである。2本である。余程好きなのだろう、恍惚とした表情で弁当の前に一気にたいらげる。こんな調子では、食堂が開いている日勤週でもバナナを注文しているのではないか。ほんと、どうでもいい話である。

アイパー?! 

つい先日までは、卒業シーズンだったこともあり、うちの近くでも晴れやかな顔の卒業生を何人も見かけた。そのとき、ふと、自分が高校を卒業したときまず何をやったかなと思いをめぐらした。小雨の降る卒業式から帰った私は、早速私服に着替え、行きつけの床屋に向かった。高校時代禁止されていたパーマをかけるためだ。私は持ってきた雑誌の切抜きを店の兄ちゃんに見せ、「こんな感じでパーマをかけて」とリクエストした。ところが、その兄ちゃん、「ちょっと髪が短すぎるかなー。アイパーならできるよ。」と予想外の言葉を返してきた。『ア、アイパー?!』アイパー=や○ざの印象しかなかった私は当然ためらった。どうしようか悩んでいる私を見透かしたように、「アイパーっていってもそんなに強く当てないから大丈夫だよ」と店の兄ちゃん。『自然な感じになるのかな…』その言葉を信用したピュアな私は素直にそのアイパーとやらをかけてもらうことにした。細かなことは忘れたが、たしか、こてのようなもので髪を挟んで熱する感じのやつだったと思う。自分の髪がどんどん変化していくさまに不安を募らせながら数十分後…「お待たせ~」と店の兄ちゃん。「!!!」私は自分の目を疑った。「こ、これで終わり??」やわらかだった私の髪は見るも無残に硬く波打っている。まるで昔の演歌歌手のようだ。泣きたい気持ちをグッと抑え、私は床屋を後にした。それから、頼まれていた買い物を済ますため、2軒先の商店に行った。そこでのおばちゃんの一言。「まぁ、可愛くなったぁ。」今の自分にとってこの響きのなんと残酷なこと。『やっぱり変なんだ…俺の髪型は変なんだぁーーー!!!』私は小雨の中を走りに走った。もう、近所の人に見られないようにと祈りながら。そして、何とかアイパー姿を見られずに家路についた私は、すぐさま風呂場に向かい、一心不乱に髪を洗った。もう必死だった。そんな私をあざ笑うかのように、洗ったそばから髪がクルッ、クルッと巻き上がってしまう。その後、1ヶ月もの間、波打つ髪に悩まされ続けたのは言うまでもない。

ザ、Oさん!

うちの班にはおもろい派遣社員がもう一人いる。名前はOさん。年は48歳。頭のてっぺんはハゲ渡り、髪は落武者のように左右にダラ~ンと垂れ下がっている。口ひげは伸ばし放題で手入れしている様子はまったくない。仲間からの話によると、このOさん、半年働いて半年遊ぶといった生活を何年も続けているそうだ。特に、今回は7月まで働いたら中国に行くと公言しているみたい。この話を聞いた私の印象は、『それって思いっきり20代のメンタリティーじゃん。』まぁ、人それぞれの生き方があるから他人がどうのこうのいう資格もないが、少なくとも今言えるのは、派遣の仕事がいつまでもある保証はないということ。今の日本の財政事情を考えたら、とてもじゃないけど楽観などできない。反面教師ということで、自分のこれからをじっくり考えさせてもらうきっかけにしたい。

M、こける!

特に意識しているわけではないが、私とMは出社時間が似ていることもあり、更衣室で顔を合わせることがよくある。特に、今日は正門前の歩道橋の下で彼を発見した。彼に興味がある私は(変な意味じゃなくて)足早に彼に近づいた。そして、Mの背中から3メートルのところまで近づいたところで事件は起きた。正門前の3段ぐらいの階段をなぜか踏み外したのだ。『ウォッ』という声とともに彼はコケた。何とかこらえようとしたためか、必要以上に変な中腰の体勢のまま3メートルぐらい進んだところでとうとう耐え切れなくなったのだろう、ドサッと地面に崩れ落ち、持っていたコンビニの弁当は袋から投げ出された。さすがにかわいそうになった私は「大丈夫か?」と声をかけたが返答はなかった。

事件発生!

とうとう事件発生です。盗難事件です。働いている工場の更衣室のロッカーには鍵がついてませんw なので、たまに盗難が問題になってはいたのですが、今までは紛失届けだけ出して会社内部で処理していたのですが、今回は職場内での盗難です。社員の方が工具が入った引き出しに一時的に置いていた財布を盗まれれた模様。相当カッとなったのでしょう。今回は紛失ではなく盗難として警察に届け出たのです。当然、警官が職場に入り、あの「KEEP OUT」のテープで職場の一角が出入り禁止になりました。どうも犯人は派遣の女の子みたいです。次の日にはいなくなりましたから。それにしてもわかりやすいことしますね。職場で盗んだらすぐに疑われるのは必至なのに。やっぱり派遣社員はなんだかなぁ。

派遣のMはMAINのM。

やはりMはすごい。最近にないメインキャラクターだ。今日は、生産すべき機種を無視し、別の機種を生産していたのだ。それに気づいた社員は当然注意するも、このM、なかなか合点がいかない様子。「だからぁ~」と言い訳がましいことを言い続ける。説明する社員も大変だ。よく切れないなと感心してしまう。あとから聞いたところでは、生産表が裏返しになっていて、それを確認せず生産してしまっただけのようだ。なんだかなぁ。

うちの班の面々。

私の属する班は、社員が5名、派遣社員が4名の計9名。また、2交代であるので、同数の人が反対番にいる。やはり、おもろい人間と言えば派遣社員だ。まずあげなくてはならないのはMだろう。がっしりとした体格で身長は私と同じ178cmぐらい。髪はボサボサ、無精ひげ。そして、なぜかよくニタニタ笑っている。強烈なのは休憩時。昼の番のときは昼食時以外の休憩はわずかに5分。私は休憩が始まる20秒前にはいったん仕事を中断し、休憩所に向かう。そして、休憩が始まるチャイムがなる頃にやれやれと席に座る感じ。しかし、Mはそのチャイムが鳴ってもなかなか休憩所に来ない。大体3分遅れでやってくる、いつも。そして、缶コーヒーを飲むわけだが、買った缶コーヒー、すぐには飲まない。必要以上に缶をフリフリ。この時点で休憩時間はあと2分。さぁ、いよいよ飲むか!と思いきやまだ飲まない。なぜか、目の前のホワイトボードをジーと見ている。何が気になるかわからんが。この時点で残り時間は1分半。ようやくコーヒーを飲み始めるが、一気にはいかない。三々九度のように飲むのだ(まったくめでたいゼ!)。そして、また最後に缶をフリフリしながら1滴残らず飲み干すのだ。

仕事の話。

私の働いている工場では家電製品を作っている。ここでは、部品を加工し、組み立てという工程を経て市場に出荷される。当然、あらゆる場面で、様々なチェックも入る。私が属しているのは加工のラインであるが、色々な所を経験してきた社員の話では今いるところが一番大変らしい。確かに、他のラインに比べると手が止まっている時間が極端に少ないように感じる。無理にとめようとするならすぐさま生産数に反映してしまう。リーダーにバレバレだ。はぁ~、きつい訳だ…

««BACK  | BLOG TOP |